産業廃棄物を処理する資格

資格の有無をチェックすること

一般廃棄物と産業廃棄物

家電や家具は、一般廃棄物という種類に該当します。
個人宅は不用品回収を任せる場合は、一般廃棄物収集運搬の資格を持っている業者に任せてください。
ですが企業から出る産業廃棄物は、扱いが危険なので専用の資格を持っている人でなければ回収できません。
業者のホームページを見て、産業廃棄物収集運搬の資格があるのか調べてください。

その資格がある業者なら正しい知識を持っているので、安心して任せられるでしょう。
企業から出た産業廃棄物を処分する際は、普段家庭で利用している業者と異なるところに連絡しなければいけないと覚えておきましょう。
工場を経営している企業であればたくさんの産業廃棄物が出るので、頻繁に利用すると思います。

講習を受けなければ入手できない資格

扱い方についてきちんと勉強するために、産業廃棄物収集運搬の資格を得る際は講習を受ける決まりになっています。
ですから資格を持っている業者は、知識を持っている安全な業者だと判断できるでしょう。
ホームページに資格があると掲載されていても、不安だったら産業廃棄物に関していくつか質問しましょう。

講習を受けてきちんと勉強した人であれば、どんな質問でも答えられると思います。
もし答えられなかったら、知識が不十分なので危険です。
そのような業者に任せると、危険な事故が起こるかもしれないので避けてください。
産業廃棄物を処理するのは簡単なことではないので、信頼できる不用品回収業者に依頼してください。
よく調べて、見極めましょう。


▲ TOPへ戻る